不動産

マンション管理は大変です

マンションの全てを管理

マンション

マンション管理会社は、居住する住民に代わってマンション管理組合から管理を委託されています。マンション管理会社は、管理費・修繕積立金等を毎月徴収する業務や、各設備を点検したり、共用部分を清掃しています。また、住まわれている住民同士のトラブルの解決等も行っており、マンションの何でも相談室と言ったとこでしょうか。特に最近では、ペット飼育の問題であったり、上階からの音の問題によるトラブルが増えてきており、住民間のトラブルの取り扱い方には注意して行かなければなりません。このトラブルの対処法にもマンションフロント担当者の処理能力による違いが大きく、管理組合の決まりそって動くことで直ぐに解決する場合もありますが、お互いの言い分だけを聞いて置き解決に結びつかない事もありますので、管理組合への報告・連絡等は大切になります。

申し入れは管理組合へ

マンション管理会社は、各マンションに担当者が付いておりフロントマンと呼ばれています。フロントマンはマンションで起きる問題を常に把握しておかなければなりません。その為、住民の私的な要望や意見は、まず、マンション管理組合へ伝えて、対応をして貰うことにしましょう。直接話されても構わないのですが、管理組合からの依頼には、必ず回答をするようにしないと管理組合からの管理委託解除を言われる場合もあるからです。これは、誠実な対応を取られていないと判断されてしまうからなのです。ですから、管理会社へ直接話して、うやむやにならないように管理組合へ話して対応をして貰うことにしましょう。マンション管理会社も多くの問題を抱えてながら一つひとつずつ処理をされていますので、キチンと連絡をして貰えます。